クレジット現金化の仕組みと違法にならない理由

クレジット現金化の仕組みを上手に使って何らかの商品を現金化する事に対して、現状では違法性が疑われながらも、違法にはならないとされています。
それは法整備がされていないグレーゾーンである事や、人を騙す事などは一切行っていない事から違法にはならないとされています。
違法にならない理由としてどのようなものがあるのでしょうか。

クレジット現金化が違法にならない理由とは?

クレジット現金化が違法にならない理由、それは、法整備がされてないグレーゾーンである事と、そのゾーンを上手く利用している事から違法ではないと言う事が出来ます。
一般的なクレジット現金化を利用した商品の現金化は、商取引と言う一定の取引が成り立つので、一概に全てのクレジット現金化が違法だとは言えないのです。

>貸金業から現金を借りる事との違い

クレジット現金化はぶっちゃけ手数料だけの支払いになる?

同じ10万円の商品を購入する為に、貸金業者から10万円借りるのと、クレジットカードで分割払いで購入するのとでは、後者の方が、クレジット現金化を利用出来るし、支払う金額もわずかな金額で済むために効率的に利用される事があります。
また、購入した商品を手元に残すか、売るかの違いも発生してきます。

△PAGE TOP