クレジット現金化はクレジットカードの利用規約には触れる可能性があります

クレジット現金化は違法性が疑われるけれども、違法ではないと言うグレーゾーンである事がほとんどです。
今後の法整備が整っていけばどうなるかはわからない事ですが、現状では現金化は違法ではないと言えます。
しかしクレジットカードの利用規約としてはどうなのでしょうか?
購入した商品についてまで規約があるのでしょうか?

日本クレジット協会ではクレジット現金化は認めていない

日本クレジット協会では、クレジット現金化による、購入商品の現金化については認めないと言う声明を発表しています。
クレジットカード会社にとっては、商取引が実際にあったとしても、無かったとしても、現金化する為の道具として使用される事は本来のクレジットカードの役割ではないとしていて、認めていないのです。

クレジット現金化は詐欺行為に当たらないのか?

クレジット現金化は、現状のところでは、詐欺罪等で罰する事は難しいものです。
ショッピング枠で購入した商品が無価値なのか、無価値ではないのか、見定める事が出来ないので、詐欺罪には問われない理由があるようです。
詐欺罪として問う為にはもっとはっきりとした理由が必要になるので、この辺りもグレーゾーンを上手く利用していると言わざるを得ないものになります。
今後の法改正によっては、クレジット現金化によって何かしらを現金化する事は違法で罰則がどれくらいと、決められる事も予想出来ますが、その法改正に至るまでには時間がかかりそうな気配がしているのも事実です。

△PAGE TOP