クレジット現金化のグレーゾーンと違法性

クレジット現金化は違法のような雰囲気が漂いますが、違法にならないと言う事から、利用するケースが増えていると言われています。
クレジットカードを利用して現金化をすると言う事の法律的意義とグレーゾーンにはどのようなものがあるのでしょうか。

クレジット現金化の仕組み

クレジット現金化の仕組みは、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入して、商取引があったかのようにクレジット現金化業者へ商品を持ち込み、手数料以外の商品代金を現金化すると言う仕組みです。
消費者が一時的に商品を購入する事で、分割手数料が発生します。
その分割手数料はクレジットカード会社が建て替え、消費者が支払う事になりますが、商品そのものの金額は消費者の元へ入って来るので、即金を望む場合等に利用される事があります。

グレーゾーンと違法性

現状クレジット現金化は、資金業法に対する脱法行為になる可能性があると言われています。
しかし、それが発覚したからと言って、何らかの罰則があるわけではないのです。
その為、クレジット現金化はグレーゾーンだと言う訳です。
違法性に関して言えば、貸金業法の本来の目的やその他の効力などについて、無効化させるのではないか?と言う意見も存在しており、その概念から考えると悪質な行為と言われてしまう可能性があるのです。
最終的には貸金業法と照らし合わせた結果が物を言うと言うものですが、そこで違法性が認められるかどうかがポイントになってくるのです。

△PAGE TOP